092-551-4000

福岡市南区で歯の治療を受けるなら、平岡歯科クリニックへ

メタルフリー治療

メタルフリー治療とは?

メタルフリー治療とは、詰め物や被せ物に金属を使わない治療のことです。 昔から歯科治療で使われてきた、いわゆる「銀歯」は、非常に使い勝手の良い金属として長い間歯科治療に用いられてきましたが、お口を開いたときに目立ち、その見た目を気にされる方も多くいらっしゃいます。 しかし、最近になって、この「銀歯」が見た目以上に、体に及ぼす影響が注目されています。

口の中の金属(銀歯)が引き起こすリスクとしては・・・

  1. 金属が劣化したり、唾液により溶け出すことで体内に蓄積され金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

  2. お口の中で酸化、腐蝕を起こして虫歯の再発(二次虫歯)のリスクが生じます。

  3. 金属が原因で歯茎が黒ずむ場合があります。

  4. 見た目が良いとは言えません。

海外と日本

実は、日本では当たり前のように使われているこの「銀歯」ですが、海外では使用が禁止されているほど人体にリスクがあると言われています。当院では、見た目の美しさだけでなく、銀歯のリスクや患者さんの健康を第一に考えたときに、メタルフリーの治療をおすすめします。

「銀歯」は日本で当たり前のように歯科治療で使われてきましたが、ヨーロッパなどでは使用が禁止されていることをご存じでしょうか? 日本では何十年も前から保険診療が始まって以来ずっと金属の詰め物や被せ物が使われてきました。

それは何十年も前の国や制度の事情で作られた金属なのです。 現在も使われていなければならない理由はないのです。ましては使用することを控えるべきではないかと思います。 ヨーロッパでは「パラジウム」のアレルギーが問題となり使用禁止となっています。 「パラジウム」保険治療の金属成分のひとつです。これが長年のお口の中の唾液など過酷な環境の中で溶け出しアレルギーが発症されると考えられています。に溶け出し、その時初めてアレルギーが発症するということもあるのです。

ヨーロッパでは禁止されている銀歯をこのまま使用してよいのでしょうか? 銀歯は見た目が悪く、汚れつきやすく二次的な虫歯をつくることがあります。それだけでなく、金属アレルギーの原因になることがあります。 是非メタルフリーの治療をオススメします。

メタルフリー治療は保険適応外のものが多く、費用が多くかかってしまう場合があります。 しかし、二次虫歯や金属アレルギーになってしまうことを考えれば決して損ではないでしょう。 これから何十年も先のご自分の生活を考えて、歯科医に相談することをオススメします。

092-551-4000