福岡市南区で歯の治療を受けるなら、平岡歯科クリニックへ

歯ぎしり

歯ぎしりでお悩みの方はどのような症状があるでしょうか?

  • 歯がすり減る
  • 噛むと痛い
  • 歯がしみる
  • 歯が割れる(歯にヒビがある)
  • 詰め物、かぶせ物が欠けたり割れたりする
  • 顎が痛い
  • 頭痛
  • 肩がこる
  • 顎の骨が凸凹と出ている(骨隆起)
  • 歯周病が悪化

このような症状があれば歯ぎしりの治療が必要になります。

歯ぎしりにはどんなタイプがあるでしょうか?

ギリギリと音がするグライディング(睡眠時に聞かれる最も一般的なタイプ)
② カチカチと噛みあわせるタッピング(比較的まれなタイプ)
③ 強く食いしばるクレンチング(音がしないので隠れ歯ぎしりなタイプ)

歯ぎしりは放っておいてよいものか?

歯ぎしりによる身体への負担は大きく実際にかかる歯への負担は自分の体重の数倍かかるそうです。
人は起きている日常では強く噛みしめても無意識で力を制御しています。しかし、寝ている時は制御されず上述のような歯への負担により詰め物、かぶせ物、ご自分の歯が欠けたり、割れたりしてしまいます。
歯が根っこまで割れてしまうと残念ながら抜歯しなければなりません。

歯ぎしりの原因は何でしょう?

歯ぎしりの原因は解明されておらず、ハッキリとしたことはわかっていないと言われています。
一般的には以下のことが原因されています。

  • ストレス
  • 疲労
  • 飲酒
  • 習癖(上下歯列接触癖)
  • 歯の並び(不正咬合)

歯ぎしりの治療法

自己暗示療法

上下歯列接触癖(TCH)は日中の意識のある状態で歯を噛みしめる習癖のことです。
これを防ぐために冷蔵庫の前や普段よく目にする場所に「噛まない」という貼り紙をして意識づける方法です。これにより睡眠中の無意識下での歯ぎしりを減らせることができると考えます。

舌の位置

これも日中の意識のある状態で舌を上あごに密着させることにより上下の歯列が接触しないことを保つ方法です。

ナイトガード

最も一般的な方法です。
歯の型をとり、歯列にあわせたマウスピースを入れることにより顎の筋肉が緊張しない状態を保ち、歯の接触を避けることで歯を守る方法です。

噛みあわせの調整

早期接触(歯を合わせた時に一番最初に当たる部分)が大きいと歯に対してストレスができ、歯ぎしりが起こるため噛みあわせの調整を行なう方法です。
また、歯ぎしりのよる負担が大きく歯が動揺して歯周病が進行してしまった歯にも噛みあわせの調整を行なうことがあります。

ボツリヌストキシン製剤

特に平岡歯科クリニックでおすすめする治療法です。
基本的に歯ぎしりは治まることはありません。
筋肉の過緊張によって歯ぎしりは持続して起こります。
なので筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があるボツリヌストキシンが有効だと言われています。
詳しくは平岡歯科クリニックでご相談ください。